赤ちゃんが喜んでくれる!たまひよショップでベビー用品を購入する

子供靴の選び方

ベビーシューズ

成長に合ったものを選ぶ

子供の足の成長は早いですが、子供シューズを何度も買うのは勿体ないと思う方も多くいると思います。しかし、子供の骨は柔らかく変形しやすいので、小さくなった事に気付かずにそのまま履かせていると足の発達に影響が出るかもしれません。また大きすぎる子供シューズを履かせているのも、歩きにくいので子供の行動範囲を狭くしてしまいます。足の健康は子供の頭の発達にも関わるので、出来る限り適正なサイズの子供シューズを履かせてあげたいものです。子供シューズの選び方は、足の変形や、X脚やO脚やへん平脚にならないようにかかとの骨がしっかりと成長する事が大切です。加えて、かかと部分がしっかりと安定しているものが良いです。幼児期にしっかりと足の指を動かすことで足の筋肉や腱が正しく発達します。そのため、つま先の部分には余裕があり、靴の中で足の指がしっかり動くものが好ましいでしょう。もし十分に足の指を動かしていなければ転びやすかったり、長く歩く事が苦手になりすぐに疲れてしまう事にもつながってしまいます。足の甲の部分がちゃんと締まっている事で歩きやすく、靴底が適度に柔らかい方が前に進む時の蹴り出しがしやすいです。成長の段階に合わせて子供シューズを選ぶ事も重要です。個人差はありますが1歳までの子供は、骨の成長を妨げないように素材は柔らかくつま先に余裕があり、またつまずかないように工夫されているものが良いです。1歳からの子供はしっかり歩けるようになると、運動量も増えて汗もよくかくので通気性が良いものがいいでしょう。加えて、脱げないように子供の足にフィットしている事も重要です。つま先には余裕のあるものを選びます。3歳までは大体は柔らかな足ですが、4歳からは大人と同じ動作がほとんど出来るようになり、運動量も飛躍的に増えていきます。足にも負担が増えますので、つま先やかかとがしっかり保護されていて、蒸れにくいものを選ぶと良いです。また子供シューズを購入するときは試し履きをさせると、その子に合ったものを選べます。